TOP解約・フリープランへの変更有料プランやトライアルからフリープランに変更した場合、何が起こりますか?
最終更新日 : 2021/06/01

有料プランやトライアルからフリープランに変更した場合、何が起こりますか?

有料プラン及びチーム登録当初の無料トライアルからフリープランに変更した場合、下記のような制限が発生します。

チームでのご利用に支障がないか、事前にご確認をお願いいたします。

ユーザーアカウント数の制限

作成可能なユーザーアカウント数は10個までとなります。
フリープランに変更された時点で、10名以上のユーザーを登録されている場合は、制限値を下回るまで新たなユーザーの追加はできません。

データの復元ができなくなります

ノート上の情報を誤削除、誤編集をされた際に有料プランでは編集履歴から復元が可能ですが、フリープランでは復元ができません。
またノート自体を削除した場合も同様に、有料プランではゴミ箱より復元することが可能ですが、フリープランでは復元ができません。

ファイルの容量が縮小します

フリープランに変更された時点で、フリープランの制限値(アカウント数×100MB)以上の容量をアップされている場合は、制限値を下回るまでは新たに画像・ファイル等のアップはできません。

「非公開ワークスペース」がご利用いただけなくなります

これまで「非公開」に設定されていたワークスペースは、全てチームメンバー全員に共有される「公開」に設定変更されます。
フリープランへの切り替え前に、全てのワークスペースがチーム内に公開されても問題ない状態になっているか、ご確認されることをお薦めしております。